DREAMBEER(ドリームビア)の料金をわかりやすく説明

DREAMBEER ドリームビア 料金

DREAMBEERで気になるのは、料金。高いのか?

家にビールサーバーを設置してクラフト生ビールが楽しめる定期宅配サービスのクラフトビール。

130銘柄以上の全国のクラフトビールが缶でも瓶でもない生ビールでの飲めるので、バラエティと味からして素晴らしいサービスなのは間違いありません。

気になる料金を解説します。

目次

DREAMBEERの通常の月額料金は最安で1万3530円(おまかせパックを使った場合)

ドリームビアの定期購入プランには以下2種類があります。

おまかせパック

宅配されるビールの銘柄は毎回ドリームビアに選ばれたランダムなものです。多くの利用者はこちらのプランにして「次は何が届くかな」と楽しみにしています。

セレクトパック

自分で指定した銘柄が届けられます。

ここでは人気の「おまかせパック」の料金を説明します。

おまかせパックを選んだ場合でも、配送頻度と送られるビールボトルの本数によって値段が変わります。

ビールボトル

上記のビールボトルが配送されます。

1本1.5リットルで、値段は3,080円です。

配送頻度ボトル本数
(1回あたり)
ボトル月間本数
(4週間で合計)
サーバーレンタル料金
(月額)
関東への送料
(4週間合計)
月額合計料金ボトル1本あたり料金
2週に1回2本4本3,300円1,880円17,500円4,375円
2週に1回3本6本3,300円1,980円23,760円3,960円
2週に1回4本8本3,300円1,980円29,920円3,740円
4週に1回3本3本3,300円990円13,530円4,510円
4週に1回4本4本3,300円990円16,610円4,153円

関東エリアを例にとり、一番月額が安く済むのは、配送を4週間に1回にし、その1回で3本のボトルが送られてくるプランです。

月額13,530円(送料とサーバーレンタル料金込み)。

ただ、これが一番安いですが、ボトル1本あたりの料金を考えると、これが一番高いです。4,510円。

月に合計8本届くプラン(2週に1回、各回4本)が1本あたり料金は一番割安で、3,740円。

DREAMBEER(ドリームビア)の換算価格(小ジョッキ1杯748円)

前記のとおり、関東エリアへの配送料をベースとしたドリームビアのプランのボトル1本(1.5リットル)あたりの実月額は以下のとおりです。

最高4510円、最安3740円。

これらの金額を聞いてもピンときません。

ドリームビアの料金を小ジョッキや中ジョッキ、缶ビールの量で考えるとどうか。以下を見てください。

1ボトル(1.5L)1mlあたり小ジョッキ(300ml)中ジョッキ・缶ビール大(500ml)
最高プラン4510円3円902円1503円
最安プラン3740円2.5円748円1247円

一番安くて、小ジョッキ1杯あたりの金額は748円です。

安くありません。

中ジョッキに注いだ場合の換算料金は1247円になります。

DREAMBEERは高い。豊かな家ビールを楽しみたい人限定でおすすめ

ドリームビアは、缶ビールと比べると遥かに高いです。

家ではビールは安く飲みたい、という人にはおすすめできません。

どうせビールに高いお金を払うなら家よりも外、という人にもおすすめできません。

ドリームビアのサーバーのすばらしいところの1つは、注ぎ口が2つあって2種類飲めるところです。

でも、2種類のボトルをサーバーに格納する構造であるがゆえに、サーバーがけっこうでかいです。

ドリームビアの人が「コンパクトです」と言ったとしても信じてはいけません。奥行はけっこうあるし、重いです。

家にあったらけっこうな重厚感ですよ。

サーバーの手入れは飲食店の業務用に比べたらかなり楽(ガスを使ってスポンジを通したりしなくていい)なのですが、少しは手洗いが必要です。

なので、やはりドリームビアをおすすめできるのは、ビール好きな人です。

  • 家で飲むビールを充実させたい人(サーバーで飲み比べ)
  • おいしいビールが飲みたいが、子どもが小さい等の家庭の事情で気軽に外に飲みに行けない人
  • 多種多様なクラフトビールを飲み比べたい人(飲食店では飲めないビールがたくさん飲める)

サーバーで飲むビールはおいしいですし、サーバーがあるのは楽しいですから、ビールサーバーありの自宅を実現したい人にはドリームビアがおすすめできます。

会員制ビール配送サービス【DREAM BEER】
DREAMBEER

DREAMBEERドリームビアのポイント

  • 60社130銘柄以上の日本全国の豊富なクラフトビール
  • 家にいながら本格ビールサーバーで生ビール
  • 2つ注ぎ口があるから飲み比べ可能

▼DREAMBEERの公式サイトはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次